あきしのカプコプ Akishino Kapukopu

 

秋之野窯は、1976年に山形県上山市の東部に位置する三吉山の麓にて神保登・寛子が始めました。

主に鉄絵や色絵で野の草花などを描いた器を作っております。

2001年に若林靖之と神保晃子がここでやきものの勉強を始めて、現在は4人となりました。

若林靖之は天目釉・黒釉・灰釉や象嵌(ぞうがん)、神保晃子は泥彩(でいさい)によって器を作っております。

 

 

 

秋之野窯 あきしのかま  

 

あきしのカプコプでは、若林靖之・神保晃子の作品紹介と販売を行っております。

作品の紹介と同時に、私たちの日々の出来事なども綴っています。

秋之野窯ホームページと合わせまして、どうぞよろしくお願い致します。

 

​♦新着情報 What's New

        

​  

  HOME - ココロの還る場所 -

  

    ​2021年2月23日(火)~2月28日(日) 月曜定休

        11:00~19:00 最終日は17:00  

    晩翠画廊 仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台第2協立ビル1F 

    「HOME」をテーマにした作品展です。

​    秋之野窯からは陶の家を出品いたします。

秋之野窯、加藤潤、樹ノ音工房、佐々木珠子、天満秀人、畠山卓也、平田恵利子(50音順)

                          

秋之野窯 あきしのかま

 

〒999-3124

山形県上山市金生字山神上1089-2

http://www.akishino.info/

秋之野窯  あきしのカプコプ 

s.akishino@outlook.com

​お問い合わせなどお気軽にどうぞ。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now